過払い金請求 Q&A

債務整理QandA 過払い金QandA 個人再生QandA 自己破産QandA 法人破産QandA 任意整理QandA

Q1 過払い金とは何ですか?なぜ過払い金が発生するのですか?

A1 簡単に言えば、貸金業者に払いすぎたお金です。

利息制限法に定められている年15~20%以上の利息はすべてこの対象となります。
金利が29.2%で借りている場合は、10%以上も金利を払い過ぎていることになります。
お心当たりがあれば、過払い金返還請求権が最終取引日から10年の消滅する前に、お早めにご相談ください

Q2 弁護士に依頼する前に、過払い金が発生しているか自分で確認することができますか?

A2 できます。

そのためには、ご自分で、貸金業者に取引履歴の開示を請求します。具体的には、各会社にお問い合わせしてみてください。そのうえで、利息計算ソフト (無料でダウンロード出来ます) などを利用して計算してみてください。

現在、弁護士法人名古屋法律事務所では、弁護士による調査無料キャンペーンを実施しております。
具体的計算をしなくても、既に5年以上借りたり返したりしていれば、過払い金が発生している可能性があります。

ぜひ、お問い合わせください。

Q3 過払い金請求は急いだ方がよいですか?

A3 早急に、弁護士に相談、依頼してください。

弁護士法人名古屋総合法律事務所に寄せられるお客様の声の中で一番多いのが、「もっと早く相談すればよかった。」「もっと早く依頼すればよかった。」というものです。

過払い金請求は、最後に返済したときから、最終取引日から10年で時効消滅してしまいます。時効になってしまっては、一切請求できません。
現在、過払い金請求の対象となっている多くは、銀行系のサラ金業者と、信販会社で、多額の利益を社内留保しており、かつ、多額の過払い金返還の引当金を積みながら、10年の時効消滅で、過払い金請求から逃げきろうとしております。
至急、返還請求してください。

また、もし、過払い金返還が認められても、一部の貸金業者の経営が悪化している昨今、全額回収できない場合もあります。

Q4 数年前に完済したのですが、過払い金は請求できますか?

A4 利息制限法で許された利率を超える利率である場合、過払い金は発生しており、過払い金は請求できます。

既に返済が終わっている場合の過払い金請求は、最後の返済日から10年過ぎると時効になり請求ができなくなりますので、早急にご相談、ご依頼ください。

Q5 借入関係の資料が何も残っていません。それでも過払い金を請求できますか?

A5 何も残ってなくても、請求できます。

契約書、領収書、支払明細書、振込書など借入関係の資料がない場合でも、貸金業者には保有する取引履歴及び契約書などの契約関係書類の開示義務があります。
取引履歴などをお取り寄せて、それを元に引き直し計算をして、過払い金を請求できます。
ただし、取引期間が長期の場合には取引履歴の一部が保管されていない場合もあります。
こういう場合は、借入や返済の資料、例えば通帳、支払明細書などをお持ちの場合には重要な証拠になりますので、ぜひご持参ください。

Q6 どのようにして過払い金を請求して、回収できるのですか?

A6
  1. 初めに、貸金業者に取引履歴の開示請求をします。次に、これら開示された取引履歴から利息制限法所定の法定利率(年15~20%)で引き直し計算を行って、払いすぎた利息を元本に充当して行き、元本をゼロにした上で、払い過ぎた元利返済金を算出します。
  2. 過払い金が発生している場合には(通常は発生しています)、相手方に請求し、交渉して、過払い金返還を求めますが、名古屋総合法律事務所は、高額な回収を目指して訴訟を提起して、過払い金返還を請求する場合が多いです。 訴訟提起の方が、むしろスピード解決かつ高額回収となるのです。訴訟を提起すると、貸金業者の方から和解を求めてくるからです。
  3. こうして、貸金業者から過払い金が返還された後、依頼者(過払い金請求者)様に1社ごとに、一週間以内に、費用精算の上ご返金させていただいております。

※弁護士・法律事務所によっては、貸金業者・クレジット会社から過払い金を回収しながら、まだ他社が未解決だからといって、各社ごとの精算、回収過払い金の返金をなかなかしないところもありますので、ご注意ください。依頼する前に、過払い金返金の方針を確かめられた方が賢明です。

Q7 依頼してから過払い金が回収できるまで、どのくらいの期間がかかりますか?

A7 スピード解決できれば2、3カ月、遅くとも大半は半年ほどです。

しかし、取引期間が長かったり、取引が古いと貸金業者の履歴の開示に2カ月以上かかったりする場合や、または、過払い金請求しても回答に1カ月かかったりする場合もあります。
また、過払い金返還が認められても、貸金業者の予算の関係上、支払日が半年先になったりする場合もあり、すべてが終了するのに1年近くかかる場合もあります。少しでも早く、ご相談、ご依頼することをお勧めします。

Q8 過払い金請求を家族や会社に内緒で行うことができますか?

A8 ご家族や勤務先に知られないように慎重に配慮しております。

金銭消費貸借契約で保証人などがなければ、内緒で行うことが可能です。
弁護士法人名古屋総合法律事務所では、相談の申し込みの段階でご希望の連絡方法を確認しております。
相談時には、さらに、お電話・メール・郵便物の送付などご連絡方法のさらに詳細なご希望を承っております。お客様のご希望の連絡方法により行っておりますので、ご家族や勤務先に知られることはほとんどありません。
ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

Q9 過払い金を請求することのデメリットは?

A9 利息制限法所定の法定利率で引き直し計算の結果、債務が残る場合は、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。

そのために、取引履歴の開示を求めて、利息制限法による引き直し計算をしたうえで、過払い金が数百円発生するまで、債務を弁済してから、過払い金請求をするのも一方法です。名古屋総合法律事務所では、この方法を良く使っております。
また、完済して、残債務がない状態で過払い金請求をする場合は、元来債務がないので、信用情報機関に登録されることはありません。

Q10 おまとめローンを利用して完済したのですが、過払い金は返ってきますか?

A10 利息制限法で許された利率を超える利率である場合、過払い金は発生しており、過払い金は返ってきます。

おまとめローンを利用して返済が終わっている場合には、借入れ・返済といった取引期間が7年未満であっても利息制限法で許された利率をこえる利率である場合、過払い金は発生しています。

Q11 地方に住んでおり、名古屋に行くのは難しいですが、過払い金回収は可能ですか?

A11 手続の都度、名古屋まで来られなくても、過払い金の回収は可能です。

過払い金の請求は、弁護士が消費者金融・クレジット会社と交渉し、解決することが可能であり、お客様が何度も事務所にお越しいただかなくても、ご連絡はメール・電話、FAX、郵便で十分可能です。

Q12 過払い金請求は弁護士に依頼しないとできませんか?

A12 弁護士に依頼した場合は、過払い金の金額がどんなに大きくても、また、少額でも、裁判を提起でき、過払い金を回収することができます。

弁護士に依頼せずに、ご自分で過払い金請求される方もいらっしゃるにはいらっしゃいます。
しかし、ご自分でサラ金相手に交渉するとか、裁判を提起した場合には、法廷に出向いて、相手方とやりあう等、時間も手間もかかります。精神的負担もかなり大きなものになります。
サラ金・クレジット会社は、裁判を提起されるのを恐れて(サラ金・クレジット会社もコストがかかる上、高額回収される為)、弁護士相手には強気には出られないのです。過払い金回収のスピード解決には弁護士に依頼すべきです。
お早めにご相談ください。

丸の内駅4番出口から徒歩2分|一人で悩まずに、まずはご相談ください。名古屋総合法律事務所。電話でのお問い合わせは 0120-758-352(平日6時~22時、夜間相談毎週火・水 17時~21時 土曜相談毎週土曜日 9時半~17時) メールでのお問い合わせは24時間受付中です。こちらをクリック。

メインコンテンツ

事務所案内

名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号
丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

債務整理のご相談 初めての方専用 フリーダイヤル0120-758-352|TEL 052-231-2601│FAX 052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、債務整理の取扱案件の対応エリアを、下記の地域およびその周辺地域に限らせて頂いております。
法人破産に関しては、広域対応をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

【取り扱いエリア】

愛知県西部

(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))

愛知県中部

(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)

愛知県東部

(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)

岐阜県南部

(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市, 大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町)),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))

三重県北部

(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))

三重県中部

(津市,亀山市,鈴鹿市)

静岡県西部

(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

所内蔵書から「破産」カテゴリを表示しています

 

名古屋総合法律事務所のご紹介

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

0120-758-352 受付時間 6:00~22:00
運営管理 Copyright © 弁護士法人名古屋総合法律事務所All Rights Reserved.
所属:愛知県弁護士会