個人再生 Q&A

債務整理QandA 過払い金QandA 個人再生QandA 自己破産QandA 法人破産QandA 任意整理QandA

Q1 個人再生と破産との違いは何ですか?

A1 最大の違いは、借りたお金を返すか、返す必要がないかという点です。

破産の場合は、税金や罰金等は免除されませんが、そのほかの一般の債権者への返済は免責されます。個人再生の場合は、減額された返済額を毎月定額、決められた期間、返済をしなければなりません。
また、破産の場合は、自宅は、原則では、手放すことになりますが、個人再生の場合には、引き続き住宅ローンを支払い続けることが可能なら、手放さなくても良いのです。
個人再生ができるかどうかの判断基準は、収入によリますので、まずは弁護士にご相談ください。

Q2 個人再生の2種類の方法はどのようなものですか?

A2 小規模個人再生と給与所得者個人再生の2種類の方法があります。

2つの大きな違いは、小規模個人再生のほうが、返済総額が少なくなる場合が多いです。また、小規模個人再生は、過去2年間の収入に5分の1以上の変動があっても申立可能ですので、転職したばかりの人も利用できます。しかし、再生計画について、債務者の書面決議があるため、否決される可能性があります。
給与所得者個人再生については、過去に破産していると、免責後7年間は給与所得者個人再生はできません。また、再生計画について、債務者の書面決議がなく、再生計画の認可手続きが安定していると言えます。
⇒ 詳しくは、小規模個人再生と給与所得者個人再生の違いをご覧ください。

Q3 以前に破産をしていますが、個人再生をすることができますか?

A3 過去に破産をした場合であっても、小規模個人再生の手続きは行うことができます。

過去に破産をした場合であっても、小規模個人再生の手続きは行うことができます。
過去に破産をしたことがある場合には、その破産の免責確定から7年間は再度の破産を申立てることはできますが、免責申立てはできません。したがって、個人再生が選択のひとつになります。

Q4 パートやアルバイトでも個人再生は利用できますか?

A4 パートやアルバイトでも個人再生は利用できます。

条件のいくつかをご説明しますと、

      
  1. 将来において継続的に反復して収入を得る見込みがあること(二つの方法に共通)
      「将来」とは返済期間中の3~5年間です。
      「収入」とは給与、事業所得、年金等を含みます。
  2.   
  3. 給与またはこれに類する定期的な収入を得る見込みがある個人債務者で、かつその変動の幅が小さいと見込まれること(給与所得者のみ)
      「定期的な収入を得る見込みがある」とは、基本的に会社員のように毎月の収入が予測できる人を対象にしています。「変動の幅が小さい」とは、可処分所得を過去2年間の年収ベースで比較し、5分の1以上の変動が無いことが一応の基準です。
  4.   
  5. 基準債権額が5000万円以下であること(二つの方法に共通)
      個人再生を利用するには、住宅ローンを除いた借金の総額が5000万円以下である必要があります。

Q5 最近転職しましたが、個人再生をすることができますか?

A5 最近転職しても、安定した給与を今後も得る見込みがあれば、個人再生をすることができます。

小規模個人再生は、過去2年間の収入に5分の1以上の変動があっても申立可能ですので、転職したばかりの人も利用できます。
給与所得者個人再生の場合でも、定期的な収入を得る見込みがあり、かつその変動の幅が小さいと見込まれること、という条件にあえば個人再生ができると思われます。
個人再生ができるかどうか、弁護士にご相談ください。

Q6 自宅を手ばなさずに個人再生をすることができますか?

A6 自宅を手ばなさずに個人再生をすることが可能です。

個人再生を行えば、自宅を手放さなくてもよいですが、住宅ローンの返済については、そのほかの借金とは別に、裁判所に手続きをしなければなりません。
以前の通り住宅ローンを支払うことが可能かどうか検討し、もし、不可能であれば早急に、裁判所や銀行と返済条件を協議する必要があります。住宅ローンの延滞が既にある場合は、個人再生を申し立てても住宅を守れない場合もあります。早めのご相談をお勧めします。

Q7 個人再生を申し立てると住宅ローンはどうなりますか?

A7 破産とは違い、個人再生では住宅資金特別条項を設定することによって、他の一般再建と切り離して住宅ローンの支払いを継続することができ、住宅を手放すことにならずに住み続けることができます。

しかし、その住宅に住宅ローン以外の抵当権がついていると、住宅資金特別条項は利用できません。登記簿謄本(全部事項証明書)で確認する必要があります。

Q8 浪費などがあると再生計画は認可されませんか?

A8 借金が浪費やギャンブルなどでできたものでも、個人再生は行うことができます。

一方、破産の場合は、浪費やギャンブルをしている場合には免責不許可事由といって、免責が認められない場合があります。そのような場合に個人再生を選択するということが考えられますが、個別のケースによるものですので、弁護士とよく相談したほうがよいでしょう。

Q9 個人再生をすると、どのくらい債務が減額されますか?

A9 個人再生をした場合の返済額は、債務総額により一律に決められません。

個人再生をする多くの人は、大まかに言いますと、債務総額の5分の1に減額されることになります。
また、資産のある人は、清算価値算出シートによって計算される金額を支払う必要があります。
さまざまなケースがありますので、弁護士とよく相談した方がよいでしょう。

Q10 個人再生の申立の費用はどれくらいかかるのでしょうか?

A10 名古屋地方裁判所の場合、個人再生の申立には、申立手数料(収入印紙代)1万円と、債権者数に応じた予納郵券(郵便切手)と、保管金として官報公告料の1万2,268円がかかります。

まれに、申立人の収入や財産状況を調査したりするために、個人再生委員が選任される場合があります。その場合には、前記費用に加え、予納金約15万円(事案により増減します)が必要になります。

Q11 ハードシップ免責とはどいう制度ですか?

A11 ハードシップ免責とは、再生手続きが確定して、再生計画に基づき、返済を始めたものの、途中でやむを得ない理由で返済が困難になった場合、一定条件を満たせば、裁判所にハードシップ免責を申し立て、残りの債務を免除される免責決定を得ることができる制度です。

免責決定を得るには、いくつかの用件を満たす必要があります。

Q12 個人再生申立は弁護士に依頼したほうがいいですか?

A12 弁護士に依頼することをお勧めします。

個人再生を申立てるには、申立書作成はもちろん、弁済額算出のために複雑な計算をしたり、再生計画案など法律の要件を満たした様々な書類を裁判所が定めた期間内に提出する必要があります。
申立本人がその全てを行うのは、実際には困難と思われます。
また、破産申立と同様に、司法書士には個人再生申立の代理権はありません(司法書士が可能なのは書類の作成のみです)。
個人再生をお考えでしたら、弁護士にご相談下さい。

Q13 ローン支払い中の車はどうなりますか?

A12 ローン会社から車両の返還を求められます。

個人再生を申し立て再生開始決定が出されると、開始決定には弁済禁止効があり債務者は弁済を継続することができないので、ローン会社は車を引き揚げることになります。これが原則ですが、

  • その自動車を保有し続けることは再生債務者が所得を得たり、生活をする上で不可欠であること
  • 自動車の客観的価値が残債務に比して同程度であること
  • 自動車ローン債務を再生計画外で全額払っても、再生計画遂行の見込に影響を与えないこと
を要件として、民事再生法119条2号の共益債権(再生手続き開始後の再生債務者の業務、生活に関する費用の請求権)として扱うことが可能です。(金融法務事情1765号23頁以下)。
そして残債務が自動車の客観的価値を相当に上回るときは裁判所の許可を必要としています。許可した事例では差額が30万円以内がほとんどです。
このように民事再生で対応できる場合もありますが、任意整理や特定調停を利用した方がいい場合もあります。また、親族の協力があれば、解決できる場合もあります。
様々なケースが想定されますので、まずは弁護士にご相談下さい。

丸の内駅4番出口から徒歩2分|一人で悩まずに、まずはご相談ください。名古屋総合法律事務所。電話でのお問い合わせは 0120-758-352(平日6時~22時、夜間相談毎週火・水 17時~21時 土曜相談毎週土曜日 9時半~17時) メールでのお問い合わせは24時間受付中です。こちらをクリック。

メインコンテンツ

事務所案内

名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号
丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

債務整理のご相談 初めての方専用 フリーダイヤル0120-758-352|TEL 052-231-2601│FAX 052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、債務整理の取扱案件の対応エリアを、下記の地域およびその周辺地域に限らせて頂いております。
法人破産に関しては、広域対応をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

【取り扱いエリア】

愛知県西部

(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))

愛知県中部

(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)

愛知県東部

(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)

岐阜県南部

(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市, 大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町)),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))

三重県北部

(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))

三重県中部

(津市,亀山市,鈴鹿市)

静岡県西部

(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

所内蔵書から「破産」カテゴリを表示しています

 

名古屋総合法律事務所のご紹介

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

0120-758-352 受付時間 6:00~22:00
運営管理 Copyright © 弁護士法人名古屋総合法律事務所All Rights Reserved.
所属:愛知県弁護士会