任意整理 Q&A

債務整理QandA 過払い金QandA 個人再生QandA 自己破産QandA 法人破産QandA 任意整理QandA

Q1 任意整理とはどうすることですか。

A1 任意整理とは、債務者と債権者が、返済の方法や返済の額について交渉をして、支払いが可能になるような条件での合意を成立させる手続きです。

債務整理には、自己破産、個人再生、特定調停、任意整理の4種類があります。
すべての債務整理の手続きの中で、最もよく利用されるのが、この任意整理の手続きで、裁判所を利用しない点に特徴があります。

Q2 任意整理をするとどれくらいの期間返済が続きますか。

A2 任意整理による返済期間は、原則3年といわれています。

債務者としては長い弁済期間を設けたい一方、債権者としてはなるべく早く支払ってほしいので、長すぎる弁済期間を受け入れることはできないでしょう。
このようなジレンマがあるので、弁済期間は原則3年で、長くとも5年が限度といわれています。
3年以上になるのは、たとえば、債務者の借金の残高が多く、3年では支払いきれない場合に4年5年になることがあります。

Q3 任意整理は自分でもできますか。

A3 任意整理は自分ですることは当然可能です。

自分ですることは、費用面を考えればそれもありうるでしょう。
しかし、債権者、貸金業者と自分自身で交渉しなければなりません。
任意整理は、自分の債権額の削減を自分で依頼する交渉です。
交渉にかける時間、手間、精神的苦痛を考えると、専門家である弁護士に依頼することをお勧めします。

Q4 任意整理は家族に内緒でできますか。

A4 任意整理は他の債務整理に比較しても、内緒でしやすい債務整理です。

任意整理は裁判所を介さない債務整理で、自己破産のように自分の財産を処分されることもありません。
任意整理のはじめに、弁護士が受任通知を債権者に発送することで、貸金業者からの取り立てや催促はなくなります。
債権者とのやりとりに必要な書類も、弁護士の元に届くよう、調整できます。

また、家族が保証人になっているときに、債務整理をすると、保証人に債務整理の事実が知られてしまうことがあります。
しかし、任意整理ですと家族が保証人になっている債務だけ、任意整理の対象から外すことも可能です。
さらに、任意整理は、債権者と債務者の和解にすぎないため、勤務先に知られることもありません。
任意整理は家族に内緒ですることは可能ですが・・・
家族に内緒にすることは、精神的にも大変なことです。任意整理の場合、数年かけて借金を返していかなければなりません。
数年間支払い続けることは想像以上に大変で、多くの方が途中で挫折してしまいます。
任意整理の計画を立てる段階から、家族の方に事情を伝え、一緒に借金を返済するための話し合いができることが何よりです。
そこで、秘密にするより、家族の方に話してみてはいかがでしょうか。
どうしても内緒にしたい方は、その旨を弁護士にお伝えください。

Q5 任意整理をするとカードは使えなくなりますか。

A5 任意整理の対象の会社のカードは使えなくなります。任意整理の事実は強制退会事由だからです。

これは、JICC,CICなどの個人信用情報機関の記録から、任意整理の事実の記録が抹消された後も同じで、その会社のカードを利用・作成することはできません。
このように、任意整理をすると信用情報機関に情報が登録され、新たにカードが作れなくなります。
現在すでに利用しているカードについては、すぐに使えなくなることはありません。
しかし、カード会社は定期的に信用情報を確認したり、そうでなくても、カード更新時に信用情報を確認しますので、これらのタイミングでカードを利用できなくなってしまうことに注意が必要です。

Q6 どのような場合に任意整理を選択しますか。

A6 選択の基準はいろいろありますが、任意整理の大前提は,「支払えるのか?支払えないのか?」ということに尽きるでしょう。

つまり、借金などの債務総額を基準として、それを分割払いにした時、月々支払っていけるのかどうかをまず考えなければいけないということです。
安定した収入で、無駄使いなく家計を管理した上で、毎月決まった額を支払うことができるかが任意整理の条件になることでしょう。

Q7 任意整理にはどれくらい期間がかかりますか。

A7 任意整理は平均して3か月程度の時間がかかります(長いと6か月程度)。

任意整理は、裁判所を利用しないで債権者債務者の間での話し合い・合意により債務を整理する方法です。
当事者の話し合いによる以上、任意整理にかかる期間はケースバーケースになってしまうと言えるでしょう。
また、インターネットのプロバイダー料や保険料など、そのカードの引落しになっている支払の支払方法を変更するまでは、債権額が確定できずに任意整理の交渉ができない場合には時間がかかってしまいます。

Q8 多数ある借入先の一部だけ任意整理できますか。

A8 任意整理は債務整理手続きの中でも法的手続きには該当していません。あくまでも、債権者との任意交渉の中で解決を図る手続きなので、一部の債権者のみを任意交渉の対象とすることができます。

しかし、一部債権者のみ任意整理をしたことによって、他の債権者への返済が滞るようなことがあってはいけませんので、そうならない任意整理をします。
とはいえ、専門家に依頼をする際には、一部のみを任意整理したい場合であっても、全ての債務について、しっかりと報告をするようにしましょう。
さらに、日本弁護士連合会では「債務整理事件処理の規律を定める規定」という債務整理処理におけるルールを規定しています。
そこでは、任意整理であっても一部債権者のみ受任をすることはできないとされています。
そのため、原則として、任意整理においても、すべての債権者を対象として任意整理をすべきといえます。

Q9 任意整理後の返済はどうなりますか。

A9 任意整理をした後は、任意整理の和解に基づいた返済をしていきます。弁済期間である約3~5年の間、計画に従って返済を続けなければなりません。

しかし、この返済が最も大きな問題となります。
分割弁済期間である3~5年間の間で、収入が大きく変動することもありえます。
日常生活の支出についても同じです。急な出費が出てくるかもしれません。
そうなると、支払いが難しくなることは、十分考えられます。
現に、任意整理後、弁済を継続できなくなったケースが、非常に多く見られます。
任意整理を行った人の約7割が自己破産をしているとも言われています。
任意整理に成功したからといって、気を抜いてしまうと、台無しです。任意整理後の弁済までが債務整理です。

Q10 任意整理は弁護士か司法書士かどちらに依頼したらよいですか。

A10 任意整理は、専門家に相談するべきですが、結論から言うと、弁護士に頼むべき、です。

任意整理は裁判所を利用することなく、債権者と債務者の合意で債務整理を行う方法です。これは、民法上の和解契約といわれています。裁判所を利用しないため、裁判外の和解を司法書士が代理するという形になります。
しかし、司法書士が依頼者を代理して任意整理を行うとき、代理できる額には限界があり、140万円以下とされています(司法書士法3条1項7号)。この140万円は、1社ごとに計算します。
さらに、任意整理後の手続についても、違いがあります。
任意整理を進めても、任意整理案がまとまらないこともあるでしょう。また、任意整理が成立しても、計画に沿った返済ができず、他の債務整理の方法を取らざるを得ない状況に陥ってしまうかもしません。
そのとき、自己破産や個人再生をしようとしても、司法書士には書類作成権はあるものの、代理権がありません。申立てができても、裁判所に一緒に出廷できないのです。債務者一人で自己破産や個人再生の手続に赴くことは、体力的、精神的にも負担になると思います。
つまり、(1)借金の額が140万円を超えるときや、(2)任意整理後の自己破産や個人再生の可能性も視野に入れるときは、任意整理を司法書士に頼んだとしても、その後改めて弁護士に相談しなければならない可能性があるわけです。

丸の内駅4番出口から徒歩2分|一人で悩まずに、まずはご相談ください。名古屋総合法律事務所。電話でのお問い合わせは 0120-758-352(平日6時~22時、夜間相談毎週火・水 17時~21時 土曜相談毎週土曜日 9時半~17時) メールでのお問い合わせは24時間受付中です。こちらをクリック。

名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号
丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

債務整理のご相談 初めての方専用 フリーダイヤル0120-758-352|TEL 052-231-2601│FAX 052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、債務整理の取扱案件の対応エリアを、下記の地域およびその周辺地域に限らせて頂いております。
法人破産に関しては、広域対応をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

【取り扱いエリア】

愛知県西部

(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))

愛知県中部

(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)

愛知県東部

(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)

岐阜県南部

(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市, 大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町)),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))

三重県北部

(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))

三重県中部

(津市,亀山市,鈴鹿市)

静岡県西部

(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

所内蔵書から「破産」カテゴリを表示しています

 

名古屋総合法律事務所のご紹介

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

0120-758-352 受付時間 6:00~22:00
運営管理 Copyright © 弁護士法人名古屋総合法律事務所All Rights Reserved.
所属:愛知県弁護士会