家計簿とは

1 家計簿の歴史と背景

家計簿の歴史を見ていきましょう。

日本で女性初といわれるジャーナリストの羽仁もと子氏は女性向けの雑誌「婦人之友」を創刊しました。その翌年の1904年(明治37年)に同氏の案で「家計簿」が創刊されました。
ちなみに、雑誌「婦人之友」は「家計からよい社会をつくろう」という願いでつくられた月刊誌です。

家計簿をつける目的は、

① 毎日の収支を記録して、無駄使いがなかったのかを検討する
② 必要なことに大切なお金を使い、そのための生活姿勢を身に着けていく
③ これらの繰り返しの中で、お金の使い方が上手になっていく

婦人之友社から「羽仁もと子案家計簿」が現在も販売されています。

では、なぜ家計簿は、日本だけの概念なのでしょうか?

海外では、家計簿をつけるという習慣・概念があまり見られません。
先進国、発展途上国を問わず、外国人は基本的に、お金が入るとそっくり使ってしまうことが多いようです。
しかも、日本人のように家計を切り詰めて、老後の生活費として計画的に貯蓄に回すといったことをすることはあまり見られません。

また、海外では共働きが多く、家計について夫婦はフィフティー・フィフティーで、どちらかが主導権を握るということは少ないといえます。
特に、離婚率の高いヨーロッパでは、夫婦の財布は別々というケースが多いそうです。
日本では、長い間、夫の給料で家族が生活していく環境であったので、古くから家計簿をつけて~という考え方が主流だったのです。

2 家計簿をつける意味

家計簿とは何でしょう。

「家計簿(かけいぼ)とは、家計において一家の収入・支出などを記入する帳簿のことである。」(ウィキペディアより)

帳簿なので、記帳するということです。そうとはいえ、紙にしなくてもいいです。いまどき、パソコンでもスマホのアプリでもかわりません。

では、家計簿をつけることに意味はあるのでしょうか。

(1)お金の流れを知ることができ収支がわかる

家計簿をつけると、まずは、お金の流れを知ることができます
お金の流れというのは、お金がいくら入ってきていくら出ていったかということです。
キャッシュフローともいいます。

家計簿は日単位、週単位、そして最終的には月単位でまとめます。
収入(給料)は普通の人はひと月単位で入ってきます。給料日から翌月の給料日前日までをひと月の区切りとします。

収入から支出を引いて余ったら貯蓄へまわすことができます。

収入―支出=預金へ

お金の流れを把握できていないと、今月はいくら使って、いくら残ったかがわかりません。 家計簿をつけると、お金の収支を把握することができます。

(2)ムダを把握できる

家計簿をつけることによって、支出全体に対する各項目の割合がわかります。
割合が多い項目はムダを省いて、改善することができるはずです。

◎固定費

固定費は毎月ほとんど変動がありません。しかし、見直しできる項目があります。

  • 住居費(住宅ローン)・・・住宅ローンの借り換えをしてムダな利息を減らす
  • 通信費・・・契約内容の見直しや、スマホを格安スマホへかえる
  • 自動車関連費・・・マイカーの必要性を考えたり、維持費の安い車に買いかえる
  • 保険・・・契約内容を見直す

知らず知らずのうちに、ムダに支払っているものがあるかもしれません。
家計簿をつけることにより、具体的な数値を把握でき、ムダがあることに気づくことができます。

◎生活費・変動費

食費や日用品や被服の支出が本当に必要だったか考えます。
本当に必要な買い物であったのか、それがなくても何も問題はないか、ただの衝動買いをしただけなのか、振り返ることが大事です。

このように、家計簿をつけることによって「お金の流れが見える化」でき、いろいろ考えることができ、ムダに気づくことができます

(3)記録でおわるのではなく家計を改善するのが目的

家計簿をつけることが目的となってしまっては、家計簿をつける意味がありません。
家計簿によって家計を改善させることが目的です。

改善して最終的には貯金をふやすことに家計簿をつける意味があるのです。

家計簿には何をいくらで買ったかを記入しますが、その事実だけではなく、「なぜ買ったか」(動機)を考えることが大事です。それが自分に役にたったのか考えます。

つまりは消費だったのか浪費だったのかということです。

  • 消費...生活のために必要だったもの。自分に役に立ったもの
  • 浪費...生活に特に必要ではなく欲しかったもの。役にたたなかったもの

この見極めができるようになれば、家計簿をつける意味が効果をもたらしたと言えるはずです。

丸の内駅4番出口から徒歩2分|一人で悩まずに、まずはご相談ください。名古屋総合法律事務所。電話でのお問い合わせは 0120-758-352(平日6時~22時、夜間相談毎週火・水 17時~21時 土曜相談毎週土曜日 9時半~17時) メールでのお問い合わせは24時間受付中です。こちらをクリック。

メインコンテンツ

事務所案内

名古屋総合法律事務所

【名古屋・丸の内本部事務所】  
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号
丸の内STビル6階

【岡崎事務所】
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字貴登野32-1
丸五ビル1階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

債務整理のご相談 初めての方専用 フリーダイヤル0120-758-352|TEL 052-231-2601│FAX 052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

【名古屋本部事務所】

事務所外観

【岡崎事務所】

岡崎事務所外観

対応マップ

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、債務整理の取扱案件の対応エリアを、下記の地域およびその周辺地域に限らせて頂いております。
法人破産に関しては、広域対応をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

【取り扱いエリア】

愛知県西部

(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))

愛知県中部

(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)

愛知県東部

(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)

岐阜県南部

(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市, 大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町)),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))

三重県北部

(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))

三重県中部

(津市,亀山市,鈴鹿市)

静岡県西部

(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

所内蔵書から「破産」カテゴリを表示しています

 

名古屋総合法律事務所のご紹介

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

0120-758-352 受付時間 6:00~22:00
運営管理 Copyright © 弁護士法人名古屋総合法律事務所All Rights Reserved.
所属:愛知県弁護士会