家計簿をつけて家計を管理しましょう

家計を管理するためには、家計簿をつけるのが一番だと言われています。
しかし、毎日日記を書くのと同じく、続かないのが常です。
工夫をして手間を減らしても家計簿をつけるためには少しは時間をとられてしまいます。
それでも、貯金が少ない、生活が苦しいというように家計管理が上手くいっていない場合は家計簿はつけるべきです。
家計簿をつけて、「家計を把握する」ことから始めましょう。
そこで、家計簿をつけるメリットデメリットについて説明します。

ここはあえて家計簿のデメリットから紹介します。

デメリットその1:とにかく、めんどくさい!!続かない。
デメリットその2:効果が出るのに時間がかかる。効果がすぐに目に見えるわけではない。
デメリットその3:「家計管理は大変」という誤った意識が生まれる。

一方、家計簿をつけるメリットはたくさんあります。

メリットその1:月々の支出が把握できる。

月々の支出を把握するのは結構難しいことです。
電気代やガス代は口座振替になっているので、今月いくらだったか把握している人はあまりいないのではないでしょうか。
ましてや、食費は毎日のことですから、どれだけ使ったか、レシートを合計して、びっくりしてしまうかもしれません。
支出を把握するという観点からは、家計簿はとても有用であると言えるでしょう。

メリットその2:計画的にお金を使うようになる。長期的なライフプランが考えられる。

家計簿をつけると、「今月すでにどれくらい使ったのか」がよくわかるようになります
また、家計の毎月、毎年の目標や予算を立てられるようになります。
家計簿をつけていないと、目標や予算が立てられず、あればあっただけお金を使ってしまう可能性もあります。
家計簿をつけていればどのくらいお金を使っているかということが分かってくるので、家計の目標や予算を実態に合わせて計画を立てることができるようになります。
また、家計の長期的な生活設計、ライフプランを作りやすくなります。
将来のために、住宅購入や教育、老後の生活などに備えやすくなります。

メリットその3:ムダを減らしお金を節約する意識が生まれる。

毎月「何に」「いくら」かかっているかを知ることで、「ムダ」に気づき、家計の見直しをすることができます。
例えば「いつもヨーグルトをコンビニで買って帰るけど割高」と気づけば、週末にスーパーでまとめ買いをして節約できるでしょう。
また、「食費こんなにかかってたのなら、減らさなくては」とか、「生命保険が高くない?本当にこんなに掛ける必要あるのか」とか気がつくことがあるでしょう。
そして、自分の支出の傾向や使い道がよくわからず、いつの間にかなくなっていたお金がどのくらいあるか分かるようになるはずです。
家計簿をつけることで、「家計が見える化」され、家計の改善意識が生まれてきます

メリットその4:家族との話し合いができ、協力し合える。

欲しいものがあっても、本当にそれが必要か、買うと決まってもお金を貯めてからにするとか、話し合いがなされるでしょう。
欲しいもののために、家族が協力しあったり、お金を節約したり、家族に目標ができます
家計は家族で改善するものです。
例えば、食費を減らしたり、お小遣いを減らしたりしようと思ったときに、家族の協力が不可欠になります。
家計簿を見ながら、どの費目を削っていくかを家族で話し合えば、みんなが節約に協力してくれるはずです。

メリットその5:家計の危機に早く気づくことができる。

家計簿をつけて家計の収支が分かるようになると、あまり考えたくない話ですが、どのくらい家計がピンチなのかということも家計簿をつけない時より早く把握することができます。
何となくやりくりをしていたらお金が足りなくなって、安易に借金をするというようなことも未然に防ぐことができると思います。
もし、本当の危機が訪れそうな気配に気づけば、弁護士に相談するなど早期にそれなりの対応をすることができるはずです。

メリットその6:貯金ができるようになる。

そうなっていくと、自然とお金に対する意識が高まり、いつの間にか貯蓄体質へと変わっていくはずです
家計簿をつけることで家計に対する意識が変わっていきます。
食べたものを記録するダイエット法がありますが、家計のやりくりも同じです。
家計のことを記録して考えるようになると、家計に対する意識が変わっていき、貯金も成功しやすくなります。

ちょっとした意識の差で、お金を無駄にしない、家計にゆとりができ、そして、いざという時に使えるお金を増やすことができます。
節約の目標を決めて、とりあえず1カ月家計簿を試してみてはいかがでしょうか?

丸の内駅4番出口から徒歩2分|一人で悩まずに、まずはご相談ください。名古屋総合法律事務所。電話でのお問い合わせは 0120-758-352(平日6時~22時、夜間相談毎週火・水 17時~21時 土曜相談毎週土曜日 9時半~17時) メールでのお問い合わせは24時間受付中です。こちらをクリック。

メインコンテンツ

事務所案内

名古屋総合法律事務所

【名古屋・丸の内本部事務所】  
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号
丸の内STビル6階

【岡崎事務所】
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字貴登野32-1
丸五ビル1階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

債務整理のご相談 初めての方専用 フリーダイヤル0120-758-352|TEL 052-231-2601│FAX 052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

【名古屋本部事務所】

事務所外観

【岡崎事務所】

岡崎事務所外観

対応マップ

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、債務整理の取扱案件の対応エリアを、下記の地域およびその周辺地域に限らせて頂いております。
法人破産に関しては、広域対応をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

【取り扱いエリア】

愛知県西部

(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))

愛知県中部

(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)

愛知県東部

(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)

岐阜県南部

(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市, 大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町)),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))

三重県北部

(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))

三重県中部

(津市,亀山市,鈴鹿市)

静岡県西部

(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

所内蔵書から「破産」カテゴリを表示しています

 

名古屋総合法律事務所のご紹介

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

0120-758-352 受付時間 6:00~22:00
運営管理 Copyright © 弁護士法人名古屋総合法律事務所All Rights Reserved.
所属:愛知県弁護士会